【Vシネマ・任侠】女侠「首領の女1」

首領の女1のあらすじ

出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/117287/

首領の女1は、堅気の世界で政治家を夢見る恋人の貴之を支えてきたが、偶然居合わせた桐野組と八栖会の抗争に巻き込まれることで始まります。

抗争に巻き込まれたは、思わぬ方へと転がり始める事態によって更に大きな問題に直面することになります。
恋人が桐野組四代目組長の実弟だと知りの心は揺れ動きますが、貴之の子供を身ごもったの元には、四代目に手をかけた八栖会幹部浜田の手が襲いかかろうとします。

果たして貴之との間にできた子供の命はどうなるのか、危機を乗り越えかつての日常が取り戻せるのか要注目です。
突然、堅気からヤクザの世界に引き込まれたを待ち受ける運命とは、最後まで目を離すことができないでしょう。

首領の女1 予告

キャスト紹介

Vシネマ界のベテラン中島宏海が主役です。

中島宏海(忍 役)
出典:https://www.tv-ranking.com/detail/10197/

また川野太郎渡辺裕之金山一彦とVシネマを牽引してきた実力派揃いのキャストです。

川野太郎
出典:http://broadwayb.com/?p=14648

渡辺裕之
出典:https://eiga.com/person/82771/

金山一彦
出典:https://xn--u9jy52g7hi70x09p6lc7t7c.com/2020/01/29/kanayama-kazuhiko-yome/

監督は安定の辻裕之で製作は中島仁、脚本に江良至と原案にOZAWAの名前が並びます。
その他、小沢仁志小沢和義遠藤憲一志賀勝本宮泰風もいるので安心して楽しむことができます。

小沢仁志
出典:https://eiga.com/person/22913/

小沢和義
出典:https://ayanotion.com/ozawakazuyoshi-ramen-862

遠藤憲一
出典:https://eiga.com/person/21636/

志賀勝
出典:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/04/kiji/20200404s00041000240000c.html

本宮泰風
出典:https://twitter.com/ninkyojoshi/status/849195091914772480?lang=hu

主役の忍を演じる中島宏海の実力も高いですが、それを支える俳優陣が充実するおかげで、首領の女1の安定感は更に高まっています。
主役級のキャスト揃いですが、あえて主役に実力派の女優を置くことで、絶妙なバランスを実現しているといえるでしょう。
脇役も個性、演技力共に申し分ありませんから、没頭できて世界観に浸れる作品となっています。

首領の女1の見どころ

出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/117287/

見どころには、中島宏海が演じる主役のが、物語の前半と後半で変わっていくところが挙げられます。
元々堅気でヤクザとは無縁でしたが、恋人が組長の実弟だと後で分かり、しかも身ごもっていて抗争に巻き込まれてしまうので、正確には変わらざるを得ないという正解です。
偶然事件の現場に居合わせた不運もありますが、運命が悪い方に転がり出した序盤は緊張の連続です。

また桐野組に敵対する八栖会の面々は容赦がなく、は窮地に立たされてしまいます。
容赦のなさはまるで本物のヤクザのようで、バイオレンス要素も満載です。
思わず目を伏せたくなるシーンもありますから、それだけリアルで迫力が感じられるでしょう。

後半は、話が収束して次回作を思わせるクライマックスを迎えます。
エンディングの間近では、が序盤からするとかなり大きく変わっているので、その演じ分ける演技力も見どころの1つとなります。

「首領の女1」を見る