【Vシネマ・任侠】暴力の街に朝は来ない「ギャングシティ 大阪黙示録」

ギャングシティ 大阪黙示録のあらすじ

出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/277439/

舞台は大阪。
はぐれ者として過ごしていた主人公の星崎蓮は、堂島組組長である堂島勝也からの依頼を受け、堂島組と敵対している組織・東仁連合の黒田を半殺しにします。
ところがその事件がきっかけとなって東仁連合に命を狙われるようになったため、藤政組に身を隠すことになりました。

そんな中、藤政組の釘咲の紹介で月野拳次が率いる、どの組織にも属さない喧嘩屋集団・バトルファミリーに入ることになったのですが、星崎蓮自身は「弱い奴の下で働く気はない」月野拳次へ勝負を挑みます。

一度も喧嘩に負けたことがないと自信をもって挑んだ星崎蓮でしたが、呆気なく一瞬で月野拳次に負けてしまうのです。
このことからバトルファミリーに属することになった星崎蓮は、仲間と絆を育てながら様々な事件に巻き込まれていきます。

ギャングシティ 大阪黙示録 予告

キャスト紹介

主役である星崎蓮を演じている黒石高大は、多くのギャング映画や仁侠映画に出演しており、格闘家でもあるという側面も持っている実力派俳優です。

黒石高大(星崎蓮 役)
出典:https://twitter.com/9614takahiro/status/749771683049779200?lang=mr

同じく月野拳次役の阿部亮平もギャング映画や仁侠映画ではおなじみの俳優ということで知られており、貫禄のある立ち振る舞いが作品の緊張感を高めてくれます。

阿部亮平(月野拳次 役)
出典:https://eiga.com/person/84443/

ほかにも堂島組の組長である堂島勝也役である元木大介、藤政組に属している釘咲役として山口祥行などのメインキャストのほかに、遠藤要・佐田正樹・冨永竜・狩野英孝・ほんこん・嶋大輔・中野英雄・小沢仁志などが出演しています。

元木大介(堂島勝也 役)
出典:https://kininaru-syumi.com/?p=10902

山口祥行(釘咲 役)
出典:http://fkkvrs.info/secret/yoshiyuki-yamaguchi

遠藤要
出典:https://www.news-postseven.com/archives/20190726_1420653.html

佐田正樹
出典:https://eiga.com/person/32436/

冨永竜
出典:https://ameblo.jp/tomi0613/

狩野英孝
出典:https://twitter.com/kano9x

ほんこん
出典:http://geinou-matome-sougou.blog.jp/archives/7811595.html

嶋大輔
出典:https://twitter.com/daisukeenjoy

中野英雄
出典:https://eiga.com/person/53529/

小沢仁志
出典:https://eiga.com/person/22913/

いずれも暴力が支配するギャングシティを盛り上げる屈強な男たちを演じており、暴力シーンはもちろん、人情を感じるようなシーンも盛り上げてくれているのです。

ギャングシティ 大阪黙示録の見どころ

出典:https://youtu.be/f-RebrD6zOQ

見どころは何と言っても屈強な男たちが喧嘩上等のスタイルでぶつかるアクションシーンです。
暴力シーンはかなり迫力があり、ヤクザが絡んでいるという事でより緊張感を強く感じることができます。

また暴力シーンだけではなく、喧嘩屋やヤクザとして生きている男たちが築いていく強い絆や人間関係も見どころの一つです。
大人の男であり、普通ではない世界に生きているからこその人間模様や絆は、ギャング映画や仁侠映画ならではの深さや面白さがあります。

このようにアクションシーンや暴力シーンだけではなく、登場人物たちの人間関係や人間性などの側面が丁寧に描かれているところも魅力です。内容も見ごたえがあるので、ただの暴力映画ではないのです。

「ギャングシティ 大阪黙示録」を見る