【Vシネマ・任侠】その男、天に選ばれし極道の寵児「極道の門」

極道の門のあらすじ

出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/262511/

昭和45年秋の大阪、大政組義道会は地上げの件で一触即発の状態にありました。
そんなある日、大政組若頭補佐尾形と主人公で若衆の村田が街で義道組の刺客5人に闇討ちされ、尾形は命を落としてしまいます。

刺客の5人を返り討ちにしたものの警察に逮捕されてしまった村田でしたが、正当防衛を主張するものの警察には信じてもらうことができず、1年後にようやく目撃していた寺の住職の証言で何とか無罪放免を勝ち取りました。

しかし、この闇討ち事件で大政組義道会の関係性は悪化の一途を辿ります。
両者の手打ちを取り持つために大浜組組長が立ち上がりますが、その弔慰金の額に不満を示す義道会会長太田黒により更なる悲劇を招くことになる・・・

極道の門 予告

キャスト紹介

大政組の若衆で主人公でもある村田龍治役に任侠もので評価の高い「木村一八」を筆頭に、村田を駆け出しの頃から可愛がり村田からも尊敬されていた大政組若頭補佐・尾形敬三を「宅間伸」、村田の無罪放免に尽力した大政組筆頭若頭の赤垣常雄には「御木裕」、大政組組長・鹿島剛介に「下元史朗」を配置しました。

木村一八(村田龍治 役)
出典:https://spice.eplus.jp/articles/174616/images/448636

宅間伸(尾形敬三 役)
出典:https://twitter.com/search?q=宅間伸&src=typed_query&f=image

御木裕(赤垣常雄 役)
出典:https://gensun.org/pid/130798

史朗(鹿島剛介 役)
出典:https://japaneseclass.jp/trends/about/下元史朗

一方の敵対する義道会会長・太田黒に「野口雅弘」、義道会若頭で窮地に立ち、大浜を撃ってしまう安田組組長の安田銀蔵役を「宮下敬夫」がそれぞれ務めています。

野口雅弘(太田黒 役)
出典:https://twitter.com/gworks00/status/771633845036691456?lang=tr

宮下敬夫(安田銀蔵 役)
出典:https://spice.eplus.jp/articles/174616/images/448636

更に、抗争寸前であった大政組と義道会の間を取り持つ重要な役割を担っている大浜組組長・大浜鶴吉に「加納竜」、村田の正当防衛を証言した龍泉寺住職・藤村壮海に「火野正平」といった豪華キャストが脇を固めています。

加納竜(大浜鶴吉 役)
出典:http://m-box.info/2019_03_11_4522.html

火野正平(藤村壮海 役)
出典:https://eiga.com/person/59308/

その他、飛野悟志、黒石高大、武蔵拳、石原和海、三村晃弘、赤松紘季、上平瀬守、中山峻、渡祐大、川上貴史、後藤成樹、若松唯行、青波信仁、藤田昌英、片岡功、影野臣直、等出演しています。

飛野悟志
出典:http://sas-actors.com/SP/curry.htm

黒石高大
出典:https://twitter.com/9614takahiro/status/749771683049779200?lang=mr

武蔵拳
出典:http://musashiken.8755.jp/profile

石原和海
出典:https://tv-rider.jp/cast/c10529

赤松紘季
出典:http://www.motleycrew.jp/event/24604

上平瀬守
出典:http://starbal.jp/yumemitakimie/cast.html

中山峻
出典:http://www.int-f.com/talent/nakayama/photo_04.html

渡祐大
出典:https://www.weblio.jp/wkpja/content/渡祐大_渡祐大の概要

川上貴史
出典:https://wikiwiki.jp/kei0420yuu/川上貴史

若松唯行
出典:https://www.wakamatsutadayuki.com/

藤田昌英
出典:https://ameblo.jp/sas-info/entry-12083407815.html

片岡功
出典:https://twitter.com/kataoka130

影野臣直
出典:https://matome.naver.jp/odai/2141067041868968201

極道の門の見どころ

出典:https://youtu.be/yLvTDWTIhtE

極道劇画を中心とした作品を作り続けている村上和彦の脚本による極道の門は、極道の世界が大変リアルに描かれています。
主人公の木村一八が演じる、生まれながらに極道における天性を授かった男・村田龍治が、闇討ちによる絶体絶命の状況からたった1人で5人を討ち果たしたことで組の中で一気に頭角を現し、一挙に三階級特進して若頭の任に就き、悪に立ち向かうところが最大の見どころです。

武道の腕はもちろんのこと、村田が漂わせるただならぬオーラは見る人を魅了させる迫力があります。
また、若さゆえ無謀に突っ走りがちな村田の周囲でさりげなくサポートする彼の一番の理解者である大政組組長や、筆頭若頭の赤垣らの優しさも注目のポイントです。

「極道の門」を見る