【Vシネマ・任侠】小沢仁志×白竜が演じる二大ヤクザ組織対決「極道黙示録」

前回、小沢仁志白竜の共演作品「制覇」をご紹介しましたが、今回またしても小沢仁志白竜の共演作品「極道黙示録」をご紹介します。

あらすじ

神奈川を拠点に、西から南に勢力を伸ばし日本随一の巨大組織となった『堂念組』は、東京にも拠点を築き、全国制覇の足掛かりとしていた。
その堂念組の一党支配を恐れた東京の老舗博徒「大郷一家」の呼び掛けで関東以北のヤクザ組織は連合体を組み、『侠尽会』を結成。極道世界はこの二つの任侠団体によって均衡が保たれていた。
しかし、ある政治絡みのスキャンダルによって、その均衡が今、打ち破られようとしている。

堂念一起(白竜)

堂念組の「三羽烏」こと、若頭・土方頼則(小沢仁志)、若頭補佐・末井健隆(小沢和義)、直参・大久保哲士(武蔵拳)は、堂念組組長・堂念一起(白竜)の元、侠尽会との事を構える覚悟を決める。

土方頼則(小沢仁志)

しかしそれは同時に、オリンピックやカジノ計画を背景とした、警察との裏取引や大物政治家の存在…日本に潜む大きな「闇」と対面することとなるのであった。
「日本の首領」の座を巡る壮絶な抗争が、今ここに巻き起こる…!!

■「極道黙示録」予告

作品詳細

・監督:辻裕之(1巻)
・脚本:江面貴亮、辻裕之(1巻)
・ジャンル:Vシネマ(任侠)
・制作年:2017年
・制作国:日本
・巻数:~3巻~(2018年4月)

出演者(1巻)

・小沢仁志
・小沢和義
・武蔵拳
・大沢樹生
・本宮泰風
・松田一三
・松田優
・樋口隆則
・下元史朗
・加納竜
・白竜

レビューまとめ

ストーリーは「二大組織対決」というオーソドックスな展開。
しかしながら、白竜様がトップでその下に小沢アニキ、和義アニキ、さらに武蔵拳サマという布陣が面白くないはずがない!
諍いの背後には利権が絡むというところが、この後の壮大な展開を期待させる・・・

ストーリーは、大変面白いです。
今後のストーリー展開にも期待しています。

白竜と小沢仁志の最強コンビですね!!
早く続きがみたい?でも個人的には白竜は組長より若頭役がいいですね。

ツイッターまとめ

小沢仁志のプロフィール

出典:http://room-303.net/actor/26436/

・本名:小沢 仁志(おざわ ひとし)
・別名義:OZAWA
・生年月日:1962年6月19日
・出生地:東京都
・血液型:A型
・職業:俳優、映画監督
・事務所:BIG MOUNTAIN

1984年、テレビドラマ『スクール☆ウォーズ』の水原亮役で俳優デビュー。
「顔面凶器」などというあだ名があるが本人曰く、元々は「顔面暴力」だったのが独り歩きしていつの間にか「顔面凶器」になったとのこと。
「OZAWA」名義で監督や企画を担当している。

小沢和義のプロフィール

出典:http://fly-hallelujah.net/blog/post-1775-1775

・本名:小沢 和義(おざわ かずよし)
・生年月日:1964年12月23日
・身長:178cm
・出生地:東京都
・血液型:O型
・職業:俳優、映画監督
・家族:小沢仁志(兄)

1987年、映画『湘南爆走族』で俳優デビュー。
主にVシネマ、インディーズ映画で活躍するが、近年はテレビドラマにも数多く出演している。
顔面凶器こと小沢仁志は実兄であり、共演作も多数あり。

白竜のプロフィール

出典:https://twitter.com/outrage_movie/status/923015810460696576

・本名:田 貞一(でん・ていいち)
・別名義:高山 貞一
・生年月日:1952年10月3日
・身長:178cm
・出生地:佐賀県
・血液型:O型
・職業:俳優、ミュージシャン
・配偶者:あり

在日韓国人2世で戸籍名は田貞一(チョン・ジョンイル、でん・ていいち)。
デビューは1979年リリースのシングル「アリランの唄/シンパラム」。
若者にない渋さ・重厚さとアウトロー性を共存させた内・外面を生かし1984年『いつか誰かが殺される』を皮切りに、ヤクザ映画・Vシネマがメインだが『その男、凶暴につき』(1989年)、『セラフィムの夜』(1996年)などに出演。

武蔵拳のプロフィール

出典:http://musashiken.8755.jp/profile

・生年月日:1959年1月26日
・身長:180cm
・出生地:埼玉県
・血液型:O型
・職業:俳優

Vシネマを中心に活躍中で、極道・ネオヤクザ系の映画に出る事が多い。

「極道黙示録」を見る

Vシネマの歴史 Vシネマは家庭にビデオが普及してレンタルビデオが一般的になり始めた1989年に、東映が始めたオリジナルビデオのレーベル...