【Vシネマ・任侠】ヤクザ激戦区での壮絶な抗争を描いた任侠映画「制覇」

今回は小沢仁志白竜共演作品の任侠映画「制覇」をご紹介します。

あらすじ

本州中部の独立ヤクザがひしめき合う激戦区。
中心街のど真ん中に事務所を構える新見組芹澤組の若頭・武田信八は同じ中心街の縄張りでしのぎを削る成瀬組組員によって襲撃される。
報復に向かった武田に対し宣戦布告する成瀬組であった。

一方全国制覇を目論む関西最大の組織難波組が中国に侵攻するのを防ぐべく、中国主要ヤクザ組織が中国侠道結社としてひとつになる構えのなか、難波組二次団体である新見組は賛同せず、これによって武田たちは四面楚歌の危機的状況に陥るのであった…。

■「制覇」予告

作品詳細

・監督:渋谷正一(1巻)
・脚本:松平章全、一縷希(1巻)
・ジャンル:Vシネマ(任侠)
・制作年:2015年
・制作国:日本
・巻数:~15巻~(2018年4月現在)

出演者(1巻)

小沢仁志
・水元秀二郎
・千葉誠樹
・SHU
・宮崎貴久
・冨田じゅん
・齋藤綾乃
・谷村好一
・野口雅弘
・川原英之
・諏訪太朗
・深水三章
白竜

レビューまとめ

いちいちカッコイイ会話の間や佇まい!
この映画の凄い所。
複雑に絡み合う兄弟分や今っぽさと昭和極道の雰囲気が凄い大好物な世界観てす。
また緊迫した中にも笑い要素もあって本当に隙の無い極道ドラマでしたね。
★彡元々大阪戦争をなぞっている様なので、リアルっぽい印象も持ちました。
幹部からチンピラまでの幅広い環境も見れて続編も楽しみです。

白竜サマと小沢アニキ。
この二人が共演するというだけで、身震いしてしまう。
内容は・・・凄いの一言。

久しぶりに楽しみが続きそうなヤクザ映画!
これからの展開が非常に楽しみっす。
まぁ小沢さんがカッコ良かったです。
新しい兄貴として慕っていきます!

ツイッターまとめ

小沢仁志のプロフィール

出典:http://room-303.net/actor/26436/

・本名:小沢 仁志(おざわ ひとし)
・別名義:OZAWA
・生年月日:1962年6月19日
・出生地:東京都
・血液型:A型
・職業:俳優、映画監督
・事務所:BIG MOUNTAIN

1984年、テレビドラマ『スクール☆ウォーズ』の水原亮役で俳優デビュー。
「顔面凶器」などというあだ名があるが本人曰く、元々は「顔面暴力」だったのが独り歩きしていつの間にか「顔面凶器」になったとのこと。
「OZAWA」名義で監督や企画を担当している。

白竜のプロフィール

出典:https://twitter.com/outrage_movie/status/923015810460696576

・本名:田 貞一(でん・ていいち)
・別名義:高山 貞一
・生年月日:1952年10月3日
・身長:178cm
・出生地:佐賀県
・血液型:O型
・職業:俳優、ミュージシャン
・配偶者:あり

在日韓国人2世で戸籍名は田貞一(チョン・ジョンイル、でん・ていいち)。
デビューは1979年リリースのシングル「アリランの唄/シンパラム」。
若者にない渋さ・重厚さとアウトロー性を共存させた内・外面を生かし1984年『いつか誰かが殺される』を皮切りに、ヤクザ映画・Vシネマがメインだが『その男、凶暴につき』(1989年)、『セラフィムの夜』(1996年)などに出演。

「制覇」を見る

Vシネマの歴史 Vシネマは家庭にビデオが普及してレンタルビデオが一般的になり始めた1989年に、東映が始めたオリジナルビデオのレーベル...